脱毛サロンの支払い方法を徹底解析!現金?クレジット?それともショッピングローン?

脱毛サロンを契約するとコースの料金を支払わなければなりませんよね。支払い方法には、現金払いとクレジットカード払い、そしてショッピングローン払いがありますが、どれを選べば良いのか分からない人もいるはずです。今回は脱毛サロンの支払い方法について詳しく説明をしていきましょう。

 

脱毛サロンの支払い方法1.現金払い

脱毛サロンの料金の支払い方法のうち、まずは現金払いについて説明していきます。現金払いは最も一般的な支払い方法ですが、脱毛サロンの支払いとなるとメリットやデメリットが少しずつ違ってきますので、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

脱毛サロンの現金払いとはどんな方法?

現金払いとは、その名のとおり現金で脱毛サロンの料金を支払う方法です。契約時に脱毛サロンで直接支払うことが多く、一括払いが基本になります。クレジットカードを持っていない人や、ショッピングローンが組めない人が良く利用する支払い方法です。

現金払いのメリットとデメリットは?

現金払いのメリットは、一括払いなので利息や手数料がかからない点です。例えば、コース料金の合計が税込120,000円だった場合、その表示金額のみで支払いが完了するということになります。3つの中では、最も脱毛費用を節約できる支払い方法です。

現金払いのデメリットは、一度に多くのお金が必要な点といえます。ほとんどの脱毛サロンで現金での分割支払いができないので、コースによっては契約時に100,000円以上必要な場合もあり、学生には少し厳しいかもしれません。

 

脱毛サロンの支払い方法2.クレジットカード払い

次に、クレジットカード払いについて説明していきます。クレジットカード払いは高額の買い物をする時に利用する人が多いと思いますが、脱毛サロンの支払いでも利用可能です。こちらについてもメリット、デメリットがありますのでご紹介していきます。

脱毛サロンのクレジットカード払いとはどんな方法?

クレジットカード払いは、クレジットカードを使って脱毛サロンの料金を支払う方法です。クレジットカード払いは通常、一括支払いと分割支払いがありますが、分割支払いができるかどうかは脱毛サロンによって違っています。また、使えるカードの種類も脱毛サロンごとに違っているので、事前に確認しておいた方が良いです。

 

クレジットカード払いにした場合、引き落とし日(請求日)はクレジット会社ごとに違っています。残高不足になると、支払いに手間がかかる場合があるので、こちらも事前に確認をしておき、きちんと引き落としができる状態にしておきましょう。

 

クレジットカード払いのメリットとデメリットは?

クレジットカード払いのメリットは、一度に大金が必要にならない点です。脱毛サロンで分割支払いができなくても、クレジットカード会社の方でリボ払いなどの分割支払いを選択できる場合もあります。そうすれば月々の負担が軽くできるので、アルバイトで収入が少ない人でも脱毛サロンに通えるでしょう。

 

デメリットは手数料や利息が発生する点です。手数料は脱毛サロンごとで違いますが、クレジットカードで引き落としをする「手間賃」のようなものになります。1回の支払いでだいたい500円前後なので大金ではありませんが、現金払いにすれば支払わなくても済むものです。

 

利息は分割払いやリボ払いなどを選択した時に発生します。これは、支払いが発生するまで毎月加算されていくので、多い場合は利息だけで数万になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

脱毛サロンの支払い方法3.ショッピングローン払い

最後に、ショッピングローン払いについて説明していきます。ローンというと抵抗があるかもしれませんが、脱毛サロンでは利用している人が多い支払い方法です。脱毛サロンのローンは危ないものではありませんが、こちらも念のために詳細をしっかりと頭に入れておきましょう。

脱毛サロンのショッピングローン払いとはどんな方法?

ショッピングローン払いとは、ローンを使って脱毛サロンの料金を支払う方法です。ローンなので審査がありますが、そこまで厳しいものではないので多くの人が利用しています。

 

脱毛サロンのコース金額で「月額6,000円 コース合計180,000円」と表示してある場合のほとんどが、ショッピングローンで支払いをした場合の方法です。つまり、6,000円の支払いを合計金額に達するまで続けていくという方法になります。

 

単純に計算すると30回の支払いで終了ですが、実際にはこれに手数料や利息が入ってくるので、表示されているコース合計金額よりは高いです。

ショッピングローン払いのメリットとデメリットは?

メリットは、クレジットカードがない人でも月々の負担を軽くできること、そして手数料は脱毛サロンが負担してくれる場合もある点です。クレジットカードはその場ですぐ発行できるものでもないので、今すぐ通いたいけど大金は支払えない人に向いています。

 

デメリットは、やはり手数料や利息がかかる点です。しかしこちらも脱毛サロンが負担してくれるキャンペーンを実施しているところもあるので、上手く利用すれば現金払いとあまり変わらない合計金額で脱毛に通えます。

 

脱毛サロンの支払い方法まとめ

脱毛サロンの支払い方法は3つありますが、どれが自分に合っているかは人によって違っています。自分の経済状況を把握し、その中でできるだけ安く済ませられる支払い方法を選ぶのも、満足のいく脱毛にするためのコツの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。